のあ日記

おいしいものとスキンケアが好き!元販売員のOLがイイモノ、イイコトを紹介致します。

【全部おいしい】静岡・荒畑園のこだわりが詰まった3種類のお茶

お茶の都、静岡県牧之原市「荒畑園」さんの上級深むし茶お試しセット3煎のモニターをさせていただきました!

お試しセットはWEB限定で送料無料 税込100円! 気になった方はこちらをご覧になってみてください。

こだわりの深むし茶3煎 荒畑園

 

f:id:noa_blog:20180523161027j:plain

荒畑園さんのお茶づくりは土づくりから始まるのだそう。自然還元農法や茶草場農法など、品質の高いお茶を生産するために自然派の農法を採択し、時間と手間をかけてお茶を生産していらっしゃいます。おいしいお茶にするための手間暇を惜しまないなんて素敵ですよね。

人気ナンバーワンの特選荒茶

f:id:noa_blog:20180523162353j:plain

 荒茶とは、茶畑でとれたお茶っ葉をまるごと使ったお茶のこと。お茶どころ静岡ならではという感じがしますよね。

封を切っただけでお茶の香りがブワッと感じられました。茶葉まるごと使用というだけあって、華やかな感じの香りがします。

 

f:id:noa_blog:20180523162938j:plain

休日の朝に特選荒茶を淹れました。70℃くらいのお湯で入れたところ、渋み抑えめでまろやかな味わいを楽しむことができました。茶葉のおいしさをあますところなくいただける贅沢なお茶という感じがします。さすがは人気ナンバーワン。

f:id:noa_blog:20180523163522j:plain

特選荒茶は後味がすっきりしているので、気分転換に飲んだり甘いものに合わせて飲みたいなと思いました。豆大福やさわ餅などと一緒にいただきたいお茶です。

 

八十八夜の頃に摘んだお茶、大地の旬

f:id:noa_blog:20180523164420j:plain

上級茶 大地の旬。八十八夜のお茶は飲むと長生きするといわれている縁起物なのだそうです! プレゼントにも最適なお茶ですよね。

封を切るとさわやかなお茶の香りがダイレクトに伝わってきます。夫は「香りだけで高級感が伝わってくる」と言っていました。さすがは上級茶です。

 

こちらは最適温度が85℃ということで、温度計できっちりお湯の温度を管理して淹れました。

f:id:noa_blog:20180523164740j:plain

すっと体に入ってきます。お茶の中のお茶という感じ。さわやかさと適度な渋みを感じます。すっきりとした味わいの中に甘みも感じられ、おいしかったです。

f:id:noa_blog:20180523165416j:plain

このお茶はおせんべいに合わせたいです。飲んでみてますます、贈り物にもぴったりだと感じました。

 

静岡 牧之原市のブランド茶 望(のぞみ)金印

f:id:noa_blog:20180523165737j:plain

このお茶は被覆茶といって、新芽を摘み取る前の数日間、茶園に遮光ネットをかぶせて、強い日光を遮ってはぐくむお茶なのだそうです。

日光をさえぎることによって、茶葉の緑色が濃くなったり、うまみ成分「テアニン」が多いので渋みが少なくまろやかなお茶になるんだとか。

 

封を切ると、青々としてさわやかなお茶の香りが漂います。

f:id:noa_blog:20180523170132j:plain

口あたりがとてもなめらかで、まろやかな味わいです。ふくよかなうまみと甘みが感じられ、たいへんおいしいです。毎日飲めたら幸せだなと感じるお茶でした。

渋みが控えめで飲みやすいため、外国人の友人にプレゼントしても喜んでもらえそうだなと感じました。

f:id:noa_blog:20180523170812j:plain

 

冷たい状態でも飲んでみましたが、冷たくても甘みやうまみをちゃんと味わえて感動しました。今回試した中ではこの「望 金印」が一番気に入りました。本当においしかったです。

f:id:noa_blog:20180523170923j:plain

 

荒畑園さんのWEB限定 上級深むし茶お試しセット3煎、ぜひ皆様にも試していただきたいです!

 

 

こだわりの深むし茶3煎 荒畑園  

 

静岡の深むし茶 荒畑園

 

お茶の荒畑園ファンサイト参加中