のあ日記

おいしいものとスキンケアが好き!元販売員のOLがイイモノ、イイコトを紹介致します。

【体験談】挙式会場選びはこんな感じでした

2017秋、挙式披露宴をしました。

式場選びからゲストにかかるお金のこと、当日のことまで複数回に分けて記事を書いていきたいと思います。今回は挙式会場選びについてです。

f:id:noa_blog:20171129184636j:plain


式場見学で注目するポイント5選

 

式場見学でココを見ておくべき! 注意するべき!というポイントを5つ挙げておきます。

1 案内してくれるプランナーさん以外のスタッフの接客態度はどうか

案内係のプランナーさんは当然丁寧に対応してくれます。それ以外のスタッフの方の仕事ぶりや挨拶、笑顔ができているかなどを観察しておきましょう。その場にいたスタッフが自分たちの婚礼でゲストに接するかもしれません。

2 アクセスの良さは駅からの距離だけでなく総合点で判断すべし

駅から徒歩1分の式場を見学しました。式場の中にいても、数分おきに電車の音が小さく聴こえていて少し気になりました。アクセスがいいに越したことはありませんが、駅から近い式場は騒音も確認した方が良いです。
また、駅から式場までの送迎バスが出ているところは、電車の時間と送迎バスの出発時刻に無理がないか確認しておきましょう。

3 見学時の見積もりはあくまで参考資料。見積もりだけを比較して会場決定をするのは危険!

式場見学の際、最初にアンケートを書くところが多いです。私たちは超小規模の披露宴を希望していたため250万円の予算でアンケートを書いた結果、見学した全ての会場で245万〜249万円の見積もりが出ました。

見学時にプランナーさんが作ってくれる見積もりは、自分たちがアンケートに書いた予算内で作られているようです。ですからお料理を最低ランクのもので計算していたり、演出にかかる費用を削ってあったりします。実際の婚礼にかかる費用とはギャップがありますから、見学時の見積もりだけを見て式場を決定しないようにしてください。

実際にかかる費用は、見学時の見積もりから50万円以上アップするものと心積もりしておきましょう。見積もりを出してもらう際に、お料理のグレードが1番上のものか、上から2番目のもので計算していただくようお願いすると、実際にかかる費用とのギャップが少なくてすみますよ。

4 お料理の試食は必ず。提供温度や配膳スタッフの立ち居振る舞いにも注目しよう

ゲストの大きな楽しみとなるお料理は必ず試食しましょう。お料理のおいしさだけでなく、提供時の盛り付けや温度、配膳スタッフにも注目してください。

5 特別な配慮が必要なゲストを招く予定なら、設備や貸出備品について確認しておく!

乳幼児や高齢のゲストを招く予定があれば、ベビーカーや車椅子の通行が可能か、お子さま用の椅子やベビーベッドを借りれるかなど予め確認しておきましょう。オムツ交換台つきトイレの場所も忘れずに確認しておきましょう。


私たち夫婦の式場見学体験談

東海地方で挙式披露宴をしました。

私たちは2017年10月挙式でしたが、式場選びは一年半前の2016年3月から始めました。絶対に10月か11月にやりたいと思っていたため、早めに準備したのです。

式場のイメージについては夫とよく相談しました。挙式スタイルは神前、料理の美味しさ、スタッフの接遇など譲れないポイントを2人で確認。見学したのは3つの式場です。あまり多く見学しても忘れたり混乱したりするだろうなと思い、3つに絞りました。

Aホテル……本命の式場。地域屈指の高級ホテルで、国賓が利用した実績がある。最寄り駅から専用送迎バスで5分。結婚前のデートで、こちらのカフェラウンジでよくお茶をしていたためホテルの雰囲気はよくわかっていた。

Bホテル……リゾートホテルで目の前が海。ドライブデートでこのホテルの前をよく通っていたので気になっていた。全国各地からリゾート婚希望の人が訪れるのだそう。アクセスに少々難ありで、最寄り駅から送迎バスでクネクネの峠道を通り20分。

C式場……私の地元の式場。安く、駅まで徒歩1分の立地のため私の地元では1番人気。クチコミサイトでも高評価。地元で人気らしいのでとりあえず見てみようと思った。


見学はゼクシィのアプリからブライダルフェア予約をしました。これから見学という方は、お料理の試食ができるフェアを予約したほうがいいですよ!お料理はゲストの方にとってとても重要ですから、イメージを掴むためにも試食は必ずしておいたほうがいいです。

見学順は、C式場→Bホテル→Aホテルでした。ゼクシィなどで本命は後で見たほうがいいとの意見が多かったためです。

私の地元で1番人気のC式場は全体的に無難な感じでした。5段階の成績でいうとオール3という感じ。
駅から徒歩1分のアクセスはとても良いのですが、数分おきに電車が通過するので少し騒がしいかも?と思いました。お料理は文句なしにおいしかったです。私たちの見学担当は男性の方でしたが、身だしなみが清潔感に欠けていたため、そこで大きく減点となりました。

次に見たのはリゾートホテルで有名なBホテル。見学日にちょうど婚礼をしていたため、フラワーシャワーをしているところや披露宴の受付前の会場の様子も見せていただけ、実際の雰囲気がよく伝わってきました。
プランナーさんの接遇はとても素晴らしく、お料理もとても気に入りました。送迎バスがあるとはいえ駅から遠いことと、私たちの希望である神前式を普段はやっていない(特別な準備をしないとできない)とのことで本命にはなりませんでした。

最後に見学したのは本命のAホテル。
婚礼担当のプランナーさんだけでなく、ホテル全体のスタッフさんの印象がとてもよかったです。何かアクシデントがあった時もスマートに対応して頂けそうだなという安心感がありました。地元屈指の高級ホテルだけあってお料理も最高。私たちの希望である神前式もできるということで、やはり第一候補となりました。

見学後、半年ほどの検討を経てAホテルを正式に予約。この時点で2016年8月。挙式披露宴の1年2ヶ月前でした。予約金として10万円払いました。Aホテルでは予約金は後日、挙式披露宴の支払いにあてるお金となります。

式場決定までは夫とじっくり検討しました。
45人程度の小規模の婚礼を希望しており、「ゲストには快適に過ごしてもらいたいので、ゲストにかかるお金をケチらないようにしよう」と話し合いました。
挙式披露宴自体の予算は300万円〜350万円と想定。挙式披露宴のお金とは別に、ゲストの交通宿泊費やドレスインナーやペーパーアイテムの材料費など小物の購入費の予算を50万円ほどと想定。トータルで400万円以内に収まればいいかなあという感じでした。

私たちの事例が少しでも参考になれば幸いです。

会場決定はとても労力がいりますし、悩むことも多いと思います。彼やご家族としっかり話し合って、思い出に残る挙式披露宴にしてくださいね。