のあ日記

おいしいものとスキンケアが好き!元販売員のOLがイイモノ、イイコトを紹介致します。

【レシピあり】新発見! アサムラサキの黒ごまだれは使いやすい万能調味料!

f:id:noa_blog:20170121205655j:plain

かき醤油で有名なあのアサムラサキさんの「黒ごまだれ」のモニターをさせて頂きました。
黒ごまのごまだれって珍しいですよね!さっそく紹介させて頂きたいと思います。

 

アサムラサキの黒ごまだれとは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒ごまだれ 250g
価格:400円(税込、送料別) (2017/1/21時点)


 

風味豊かな黒すりごまをたっぷり使用。マイルドな甘口に仕上げてあります。ゴマが本来持っている抗酸化物資ゴマリグナン・ビタミンEに加え、黒ゴマの持つ色素アントシアン(ポリフェノールの一種)が健康を応援いたします。※公式サイトより引用

原材料はこちら。親しみやすいマヨネーズと醤油ベースの黒ごまだれです。まろやかなごまの風味と香りが感じられ、どんな料理にも使いやすいお味だと思います。

f:id:noa_blog:20170121210839j:plain

ごまだれは酸味が効いているタイプやクリーミーさが売りのタイプなど様々な商品が発売されていますが、アサムラサキさんの黒ごまだれは酸味とコクのバランスが取れていておいしかったです!

ふだんお鍋やしゃぶしゃぶを食べるとき、ごまだれとポン酢を自分で混ぜて食べる人、いませんか? 私もその1人です。ポン酢もごまだれも使うなんて手間もかかるし不経済かも、と思いつつ辞められないんですよね。

そんな方にもアサムラサキさんの黒ごまだれがピッタリ! マヨネーズや醸造酢の酸味とごまのまろやかさとコクをしっかりと味わえるので、ポン酢とごまだれを混ぜなくてもこれ1本でおいしく鍋物やしゃぶしゃぶが食べられちゃいますよー!

サラサラしたテクスチャーで、つけてもかけても和えても食材に味がなじみやすくおいしかったです!ほうれん草とにんじんを茹でて和えるだけのおひたしでもアサムラサキさんの黒ごまだれを使うと味がピタッと決まるんですよね。おひたし好きの我が家ではとても重宝しました。

f:id:noa_blog:20170121211310j:plain


和えてみました

水菜とツナを黒ごまだれで和えて、ちょっとした一品を作りました。箸休めやおつまみにオススメです。

f:id:noa_blog:20170121211456j:plain

【材料】(2〜3人前)

水菜 3株
ツナ 1缶 (今回はオイル漬けを使用しました)
アサムラサキ 黒ごまだれ 大さじ1〜お好みで調節

【作り方】
1. 水菜をよく洗い、束のまま茹でる
2. ツナは汁気をしっかり切って、ボウルに入れ、身をかるくほぐしておく。(ここでしっかり汁気を切るとごまだれの味がなじみやすくなります)
3. 水菜が茹で上がったらしばらく水にさらして粗熱を取る。粗熱が取れたら、ザルやキッチンペーパーなどで水気をしっかり取り、3〜4cmの長さに切っていく。
4. 3の水菜を2のツナと軽く混ぜ合わせ、アサムラサキの黒ごまだれで和えたらできあがり!

【ポイント】
・水菜やツナの水気、汁気をしっかり切ること。水気をしっかり切らないと味が薄まってしまいます。
・水菜は細かく切りすぎると歯に挟まりやすくなるので、少し長めに切った方が食べやすいと思います。

カンタン担々豆腐にも

 アサムラサキさんの黒ごまだれは味がしっかりしているので、担々系メニューを作ったら簡単に味が調っておいしいはずと思い作ってみました!このスープで担々麺や担々丼にしてもおいしいです!

f:id:noa_blog:20170121211637j:plain

 

【材料】(2人前)
水 300ml
★鶏がらスープの素 小さじ2
★味噌(我が家は合わせ味噌を使用)小さじ1
★豆板醤 小さじ1〜お好みで。

★ラー油  少々
アサムラサキ 黒ごまだれ 大さじ2
★白ねりごま 大さじ2

豆腐 1丁(350g ) 我が家では普通の絹ごしを使用。鍋用の豆腐を使用すると崩れにくくて良いかもしれません。

ひき肉 100g程度
ねぎ お好みの分量で
ごま油 適量
塩コショウ 適量

【作り方】
※あらかじめ豆腐の水気をしっかり切っておく。
1. 豆腐は水気をしっかり切って、食べやすい大きさに切る
2. 鍋に水を入れて沸かし、★マークの調味料を順番に入れて溶かしていく
3. 担々スープができたら1の豆腐を入れて中火で煮込む。
4. 煮込んでいる間にフライパンにごま油をしき、中火でネギとひき肉を炒める。塩コショウで味をととのえる
5. 3の豆腐にある程度味がなじんだら鍋の火を止め、器に盛り付ける。4のひき肉をトッピングしたら完成

【ポイント】
・スープを作るとき、お好みでショウガのすりおろしやニンニクを加えてもおいしいです。
・洗い物を減らしたい方はフライパンでのみでも作れます。その場合、最初にフライパンでひき肉とネギを炒め、トッピング用のひき肉を少し取っておく→残りのひき肉が入ったままのフライパンに水を加え煮立たせる→★の調味料を入れる→豆腐を入れて煮込む→盛り付け、取っておいたひき肉をトッピング  の順にします。
・仕上げにすりゴマを加えると香りとコクが格段にアップしますよー!

 

アサムラサキさんの黒ごまだれは黒ごまの風味と適度な酸味のバランスが良く、オールマイティに使える逸品でした。ぜひ皆様もお試しください★

アサムラサキさんは楽天ショップをお持ちで、お取り寄せやギフトにぴったりな商品が盛りだくさんですよー!あの有名なかき醤油も販売中です。ぜひご覧になってみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

特薦白だしかき醤油 600ml
価格:713円(税込、送料別) (2017/1/21時点)


 

 

 

アサムラサキファンサイトファンサイト参加中